人がお酒を飲む4つの理由と適量の飲酒をする方法

家族や友人との些細なトラブル、仕事で失敗してしまった日、恋人との喧嘩、日常生活の単調さやちょっとした不運が原因で、無意識のうちにお酒を飲んでしまうことがあります。

お酒は社交のためのコミュニケーションやお祝いの場で飲むことが多いですが、ストレス解消やリラックスするために飲むこともとても多いです。これらがすでに習慣化している場合には、無意識にその習慣を変えるのはとても難しいです。

しかし、自身で認識し、お酒やアルコールを飲む理由を特定できれば、アルコールを最適な摂取をすることができます。お酒を飲むこと自体は決してネガティブなことではなく、時と場合によっては飲む方がいいです。ただ、適量を飲むことが心身に良く、過剰摂取して酔っ払いすぎないようにする必要があります。意識的に飲むことで、よりお酒のとの生活が充実します。

飲酒をする4つの理由

ただお酒が好きだから、ライフスタイルの一環など無意識にお酒を摂取している方も、潜在的には飲酒をする理由があります。

(1)無意識の習慣

飲酒が日常の一部になっており、常に冷蔵庫にお酒が常備されていたり、毎日帰り道でコンビニに寄ってお酒を購入してしまいます。 水を飲んだり食事をするのと同義でお酒を飲み、生活の一部になっています。
そして、「家に帰って飲み物を注ぎ、ソファに横になって何かを見たり、携帯電話をスクロールしたりします。寝るまでには、テーブルにはお酒の空き缶が2〜3本あります。」

これは仕事の後にリラックスしたい、1日の疲れを癒したいなど、アルコールの効果を信じることから始まるかもしれませんが、無意識のうちに飲み物に勝手に手を伸ばす習慣が生まれてしまいます。

(2)環境の合図

人間の潜在意識は自分が思っている以上に強く、無意識にたくさんの情報を5感から感じていています。仕事からの帰り道に通りがかった飲食店の様子、SNSで流れてきたお酒の広告、友人や同僚とのお酒を飲んだ時の話など、無意識のうちに脳が認識しています。このような情報が積み重なると、突然アルコールを摂取したくなります。

特定の環境に身を置くことは、刺激を与える可能性があり、周囲のあらゆる誘惑に抵抗するのが難しいと感じます。

(3)不健康な生活習慣

過度なストレス、偏った食生活、睡眠不足や運動不足は体内のホルモンの乱れを誘引し、アルコールを渇望する可能性が高いです。

人間は自身がマンネリに陥っていることに気づくと、お酒を飲むことが多いです。マンネリした生活やストレスのある日々でそれを解消するためのベストな選択は、ジムに行ったり、労働時間を減らしたり、早く寝たりすることです。しかし、気分転換のためにお酒を飲んだり、外出したりするようになり、お酒を飲むことになります。その方が、ストレスがかからず、簡単な選択だからです。結果として、心身のコンディションは悪化していき、メンタルの不調や体重の増加につながります。

(4)ネガティブな感情 

人間関係、ワークライフバランス、家族、友人、経済的困難を自分自身で全てをコントロールするのはできません。外的な要因や自然災害などもあり、常に流動的な社会情勢の中で人は生活しています。このような不安定で不安な世の中では、ネガティブな感情は積もる一方で、気を紛らわせるために何かに目を向けると、さらに困難になり、ネガティブなスパイラルに突入します。

昨今はSNSでの繋がりはあるものの、孤独を感じる人も多く、人で孤独を感じるたびにお酒を飲むこと人も多いです。孤独が襲ってきて、それを麻痺させようするために、ワインやハイボールを数杯飲んで気を紛らわそうとしたりします。

そして、これらの行動や習慣を自分自身の気休めのためか、ネガティブな感情と捉えることがあります。たしかに記念日や誕生日をお祝いなどはただ楽しい一日をお酒を飲みながらポジティブに過ごすことができます。
お酒を飲むシュチュエーション次第で、ネガティブな感情にも、ポジティブな感情にもなります。

過剰な飲酒を克服する方法

飲酒の習慣を変えるには、長い時間と忍耐が必要です。そして、自分への心身への思いやりやケアが重要となります。正直、明日から一気に変えることは難しいですが、少しずつ前進することは可能です。

(1)無意識の習慣 

ありきたりな日常、退屈な毎日、マンネリな日々を打破するには、何か新しいことを始めたり、今までやっていたことをやめる以外に選択肢はありません。挑戦というほどの大きなものでなくても大丈夫ですが、小さいことでもいいので、新しいことについて考えてみましょう。
いろいろ考えてしまうと、行動に時間がかかってしまうので、今すぐ簡単に開始できることで、行動を起こしましょう。

それはあなたが試してみたい潜在的な趣味や興味があるもので大丈夫です。料理、絵画、運動、スポーツクラブ、ダンス、語学や技能の学習、写真撮影などで、没頭できることの方がいいです。

また、日々の生活の行動パターンを変える必要もあります。ルーチンで行っていることの何か追加したり、削除したりしましょう。スマホのアプリを整理するのはすぐにできることです。思い切ってスマホからSNSをアプリを消すことで、スマホをいじる時間は減少し、時間の使い方が一気に変わります。

深夜の間食や飲酒を抑えるために、夕食後または就寝前に軽い散歩に出かけるとよいでしょう。そうすることで、スマホの画面から離れ、体を動かし、よりリラックスし、心が整うでしょう。SNSでの他者との比較やポテトチップスなどからのカロリー摂取を避け、心身が健康になります。このような活動を始めることで、今までとは異なる環境に置くことで自然に欲求を抑制します。

(2)環境の合図 

お酒を飲むのは、身近にお酒があるからで、その環境を作ることが重要です。

  • 家からすべてのアルコールを取り除く
  • 必要以上にコンビニやスーパーに立ち寄らない
  • お酒を推奨しない飲食店に行く

上記は物理的にお酒と距離を置くことを推奨しています。家に帰宅する前にコンビニに立ち寄ることが習慣となっている人はそれをやめるだけで、晩酌を抑えることができます。

また、街の中やSNSでビールやワインなどの広告を目にすることが多いです。それを完全に遮断するのは難しいですが、そのような投稿がでないように広告設定をしたり、そのようなインフルエンサーのフォローをやめるだけでも環境は変化します。

意識的にアルコールフリーやソフトドリンクを飲むことも必要です。脳が飲酒と関連付けていない新しいレストランやバーに行き、代わりにノンアルコール飲料を注文して、新しいパターンを構築します。

(3)不健康な生活習慣

ライフスタイル全体を変えることは、とても難しく、すぐにはできません。ライフスタイルを変えるのは3つの要素で、睡眠、食事、運動です。一気に全てを変えようとすると難しいので、一つづつ変えていきましょう。睡眠は毎日30分早く寝るようにする、運動は週に3回ジョギングをするようにする、など少しづつ開始することが重要です。

自分で設定できる小さくて簡単な目標を考え、それを実現するために何をする必要があるかを自問自答しましょう。

(4)ネガティブな感情 

自身の飲酒パターンを観察し続けると、何を理由にお酒を飲むか気付けるようになります。それを一人で自己解決しても、長くは続かないので、友人やコミュニティーでの共有や、健康管理アプリなどを活用して管理していきましょう。

ネガティブな感情は生きていく上では健全なものであり、ゼロにすることはできず、こうした感情には理由があります。ネガティブな感情は何が機能し、何が機能していないのかを教えてくれます。もし、ひどい上司に一度も怒らなかったら、成長したり、良い仕事をする機会は訪れないでしょう。

もし「失敗」してしまったら、思いやりを持って自分に話しかけることを忘れないでください。自分自身を許し、教訓を学び、前進するために思いやりを必要とします。

上記が人がお酒を飲む4つの理由と対策です。すぐに劇的に変わることは難しいですが、一歩づつ取り組んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA